HOME > タバコの害

タバコの害

タバコが身体に良くないことは誰でも知っていることです。
それでもタバコを吸ってしまうのは、タバコの害を身を持って感じたことがないからです。

しかし身体に異変が起きてからでは遅いといえます。
まずはタバコがもたらす害を知り、身体を壊す前にタバコから離れることが出来れば良いものです。

タバコを吸うと癌になる確率が高まります。
癌といっても肺がん、胃がん、肝臓がん、大腸癌など色々ありますが、タバコはどの癌を発症するリスクも高めます。

タバコには数千種類もの化学物質が含まれ、発癌を促進する物質だけでもおよそ200種類にも及びます。
代表的な物質としてタールがあります。

またタバコは癌だけでなく、さまざまな病気を引き起こしやすくなります。
タールは発癌性物質ですが、ニコチンは血管を収縮させたり、中枢神経に作用し、中毒性も持っています。

タバコには一酸化炭素も大量に含まれているので、血液中のヘモグロビンと結合し、血中の酸素濃度を低下させます。
タバコは有害物質を多く含みますから、総体的に喫煙者の寿命は非喫煙者に比べ、短いことは統計的にはっきりしています。

さらにタバコは免疫力の低下を引き起こし、アレルギー疾患になりやすくなります。
アトピーとタバコの関係についてはこちらをご覧ください。

タバコは嗜好品ではなく、中毒性を持った薬物であると認識した方が良いでしょう。
タバコを止めるのに遅すぎるということはありません。

自分や家族の将来のことを考えるなら、タバコを止める決意をすることが大切です。