HOME > 受動喫煙の恐怖

受動喫煙の恐怖

受動喫煙という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
受動喫煙とはたとえ直接タバコを吸っていなくても、喫煙者のタバコの煙を吸うことで、タバコを吸っているのと同じ悪影響を受けることをいいます。

私はタバコを吸っていないので関係ないという人がいますが、喫煙社会である日本において、タバコの煙を一切浴びることなく生活することは不可能といえます。
タバコの煙には主流煙と副流煙があるのはご存じでしょう。

主流煙には約4,000種類もの化学物質と、200種類以上の有害物質が含まれています。
その中には発がん性物質とされるニトロソアミンやカドミウム、タール、酸素不足を招く一酸化炭素、血流を悪化させるニコチンなどもあります。

実は副流煙には主流煙と同等か、あるいはそれ以上の有害物質が含まれています。
また主流煙は酸性なのに対し、副流煙はアルカリ性とされ、アンモニアなどが含まれており、刺激が強いとされています。

受動喫煙は間接喫煙、不本意喫煙、強制喫煙とも呼ばれますが、例えタバコを吸っていなくても、急性、慢性のさまざまな健康障害を引き起こすとされています。
副流煙が目や鼻、のどの粘膜などに当たると、粘膜症状として、目のかゆみや痛み、涙、鼻づまりやくしゃみなどを引き起こすことがあります。

また気管を刺激して咳を誘因したり、喘息持ちの人は発作を引き起こすこともあります。
また煙を肺に吸い込んでしまうと、一酸化炭素によって酸素が不足し、頭痛を引き起こしたり、血管を収縮させて皮膚温を低下させることもあるでしょう。

受動喫煙の恐ろしいところは、主流煙より有害な副流煙であること、それから非喫煙者であるため煙に慣れておらず、タバコによる健康障害からの回復が遅い点にあります。
わずか2秒副流煙を吸っただけでも、健康被害は認められますから、喫煙は自殺行為ではなく、他殺行為ともいえます。

ですから喫煙者も非喫煙者も周囲への影響も考慮しなければなりません。