HOME > 禁煙するコツ

禁煙するコツ

禁煙するといっても簡単に出来るものではありません。
ただ吸うのを我慢するだけでは、根性論になってしまいます。

根本的に生活習慣を見直し、タバコを吸う行為そのものを止めさせる必要があるのです。
私の体験談ですが、禁煙するにあたり、実行した方法をご紹介します。

まず持っているタバコを捨ててください。
今持っている1箱を吸ったら止めようと思っていると、つい吸いたくなって新しいタバコを買ってしまいます。

しかし思い切ってタバコを捨ててしまうと、勿体ないことをした、せっかくお金を払って買ったタバコを捨てたのだから、また買おうという気持ちを抑えることが出来ます。
また自分自身への戒め、宣言にもなるでしょう。

タバコを捨ててしまえば、つい火を付けてしまう心配もありません。
ここからが禁煙との戦いになります。

タバコを吸いたくなったら、お水やジュースを飲んでください。
タバコを吸うのはニコチンもですが、口寂しさを煩わすために吸っている人もいるでしょう。

何か口に入れると、口寂しさも紛れますし、水分を取ることで健康にも良いです。
ただタバコと一緒にコーヒーを飲んでいた人はコーヒーなどは避けた方が良いでしょう。

コーヒーと煙草は非常に相性が良いので、コーヒーを飲むとつい煙草を咥えたくなってしまいます。
それから深呼吸をするのも良いでしょう。

大きく息を吸って、息を吐く、それだけで気持ちが落ち着き、煙草を吸いたい衝動を抑えることが出来ます。
深呼吸には心身をリラックスさせる効果があり、煙草を吸わずとも気持ちを抑えることが出来るのです。

しばらく禁煙を続けると、次第にニコチンは抜けてきますが、運動やサウナで汗をかくと、体内のニコチンをより早く排出することが出来ます。
ニコチン中毒の人などには特に有効な方法です。

また部屋の掃除や換気をするのも効果的です。
室内が汚れていたり、煙草に匂いが残っているとつい煙草を吸いたくなりますが、掃除や換気をすることで気持ちもリフレッシュし、綺麗な空間を維持したいという気持ちが働くものです。

常に煙草臭い空間では、ニコチンを常に吸っているようなもので、煙草を断ちきることは難しいといえます。
最近では喫煙できるスペースも減り、受動喫煙の心配も少なくなってきましたが、禁煙者にとっては有難いことです。

受動喫煙は身体に悪いだけでなく、禁煙者にとっては煙草を吸いたくさせるものです。
居酒屋や麻雀店でつい吸ってしまうという人はしばらくそのような場所に身を置かない方が良いかもしれません。

またタバコミュニケーションが出来なくなるとお考えの人もいるかもしれませんが、煙草を止めたいならコミュニケーションの場を変えた方が良いでしょう。
煙草を吸わなくても人と会話をすることは可能です。