HOME > 妊娠中のタバコ

妊娠中のタバコ

妊娠中のタバコが良くないことはご存じでしょう。
病院にも喫煙のリスクを語ったポスターがでかでかと貼ってあります。

タバコは発がん率を高めるとされますが、特に女性の場合、子宮がんを発症させやすくします。
またタバコのニコチンは血管を収縮させるので、血行不良を引き起こし、代謝の低下から肌荒れやシミ、皺の原因ともなります。

タバコは口臭や歯槽膿漏、体臭の原因ともなりますから、女性にとって良いことなどありません。
さらに妊娠中は胎児への影響を考えなければなりません。

喫煙を続けている女性は低体重の子どもを出産することがよくあります。
これは喫煙によって胎児に十分な栄養が届けられないためで、胎児の成長を妨げるためです。

栄養が届けられないということは、発育だけでなく、脳や骨の発達にも影響を及ぼします。
未熟児や知能の未発達な子どもが生まれる危険があるのです。

さらに死産の可能性も高めるでしょう。
タバコを吸う量にもよりますが、喫煙者の流産率は非喫煙者の2倍以上とも言われます。

仮に少量のタバコなら大丈夫という方もいますが、1日数本でも胎児への影響は深刻です。
また自分が吸っていなくても受動喫煙も喫煙しているのと同じ効果があります。

非喫煙者は特にタバコの煙に対する免疫がなく、主流煙よりも有害な副流煙を吸ってしまうと、未熟児や早産、流産の可能性を高めてしまいます。
妊娠中は特に周りの環境にも気を使い、胎児や母体の健康を第一に考えるようにしましょう。