HOME > 禁煙で体臭が消える

禁煙で体臭が消える

禁煙の嬉しい効果の一つに体臭が消えるというものがあります。
男女問わず体臭が気になるという方は多いでしょう。

代表的な体臭として加齢臭やワキガ、口臭などがありますが、タバコを吸っていると間違いなく体臭は臭くなります。
加齢臭やワキガの臭いの原因は発汗です。

タバコに含まれるニコチンは中枢神経を刺激し、エクリン腺やアポクリン腺からの発汗を促進する働きがあるのです。
エクリン腺から出る汗は無色透明で汗自体に臭いはありません。

しかし皮膚常在菌を増殖させる作用があるので、細菌が増えると臭います。
またアポクリン腺から出た汗は脂肪やたんぱく質を含み、こちらは皮膚の常在菌を分解して独特な臭いを発生させます。

これがいわゆる「わきが」です。
体質的にわきがの人はこのアポクリン腺からの発汗量が多いと言われています。

このように喫煙によって発汗量が増えると、体臭の原因となるのは間違いありません。
特に元々ワキガの人はさらに臭いがきつくなるので、注意が必要です。

またタバコには数千種類もの化学物質を含みます。
喫煙すると、その有害物質が体内を巡り、血液から汗として体外へ排出されます。

タバコを吸っている人の汗が独特な臭いなのは、タバコの化学物質が溶け込んでいるからです。
当然肺に煙を吸い込むので、口臭も臭くなります。

またタバコに含まれる有害物質は血管や内臓にダメージを与えます。
内臓の機能が低下すると生活習慣病の発症リスクを高めますが、同時に臭いを消す機能も低下するため、体臭がきつくなります。

体臭の原因は喫煙だけではありませんので、生活習慣や食事の見直しをしなければ完全に消えることはありません。
しかしタバコが臭いを加速させていることはゆうまでもありませんが、禁煙すればいずれは毒素は体外へ排出されていきます。

またごぼう茶体験談によると、ごぼう茶は体臭を消す効果があるようです。
禁煙に合わせてごぼう茶を試してみてはいかがでしょうか。

現代において、臭いの管理はエチケットであり、マナーです。
早めに禁煙をして加齢臭や口臭を抑えていきましょう。